近未来の医療技術としての代替間接

テクノロジーの発展は、世界中のあちこちで分刻みで進化を続けています。一昔前までは到底実現することが不可能だと思われていた技術が、今では当たり前に広く一般にまで普及しているということも少なくありません。このようなテクノロジーの発展はそのまま医療技術の発展へと繋がっていきます。様々なテクノロジーの中においても、大きなインパクトを与えているもののひとつが3Dプリンター技術です。この登場によって、医療分野における技術においても、様々な進化が実現されるようになってきました。そのひとつが代替間接です。代替間接となる骨格技術は、当初金属からスタートし、その後プラスチック等が利用されるようになってきました。現在では、人体と有機的に結合する素材の開発が進んでいます。この素材は3Dプリンター技術の登場によって現実的なものとなってきたとされています。トロント大学では、この研究をさらに推し進めることによって、骨格を模したインプラントによる骨格再生の研究・開発を行っています。