最先端の医療技術の成果としてのペースメーカー

技術の進歩はまさに分刻みで進んでいる昨今、現在でも世界各地で新しいテクノロジーが開発され、進化を続けています。そのような中で、医療技術も他のテクノロジーと同じく、日々刻々と進化を続けています。一昔前では想像することもできなかったような技術が、現在では当たり前のものとして広く普及しているということは珍しいことではありません。心臓に取り付けるペースメーカーもそうした発展の影響を受けて進化を続けています。ペースメーカーは20世紀中盤に始めて移植が行わました。一時的に停滞していたもののこの技術が、最近になって驚くほどの進化を遂げることとなります。それは手術することすら不要の、錠剤と同じサイズの超小型製品の開発です。このペースメーカーの最新モデルは体を切ることなく、鼠蹊部からカルーテルによってペースメーカーを心臓に設置することが可能です。現在では、実際に医療現場でも使われており、その結果として合併症の発生率を大幅に下げることに成功しています。